逆の発想

 ブログがなかなか更新できない理由のひとつに、ちょうどいい挿絵となる画像がない、ということがある。ブログだから画像がなくてもいいようなものの「アイキャッチ画像」なんていう言葉を最近知り、発信するには目を引く画像がある方が良い世の中。師走に目標達成のためにせっせとブログネタを探しもがいている私には、ちょうどいい画像を探すことにも時間を費やしているのである。ブログに合った画像を探し求めてフリー画像を検索する始末。そんな時にふとひらめいた!ブログに合った画像を探すのではなく、画像から着想してブログを書くってもありではないか。それならブログと画像はぴったんこカンカン♪ ふふふ。これでブログの更新頻度は上がるに違いない。

 というわけで、フリー画像をダウンロード出来るサイトに登録。商用使用も加工もOKの画像集。な、なんと大量にあることか。選ぶ作業だけでも結構時間かかるや~ん( ;∀;)。しかもダウンロードしようとすると、敵もさるもの、5枚ほどの画像の評価をリクエストしてくる。そうか無料なだけに情報集めようとするわけね。自分で写真撮った方が時間かからないのでは?とついさっきの閃きに小躍りした自分に疑いの目を向けながら、ようやくダウンロードした画像がこちら。

 夕陽に向けて置いた椅子と題してあったが、この画像から思い出した風景がある。海外放浪の旅に出かけた若かりし頃。10代のうちに世界をこの目で見てみたいとせっせとお金を貯めて、憧れのヨーロッパ周遊、美術館巡りを企てた。意気揚々と出かけてはみたものの志半ばで置き引きに合い、予定変更を余儀なくされながらもなんとか予定の5週間をヨーロッパで過ごすことになったのだ。身に着けていた腹巻もどきのウェストポーチにはパスポート、帰りの飛行機のチケット、ユーレイルパスとトラベラーズチェック。スーツケースも着替えもカードも現金もないが、旅は続けられる。身軽になり、旅行者とは思えない出で立ちで、日本へ帰る飛行機の出発地となるスペインを目指した。

 移動中の鉄道の車窓から見た椅子のことを、ダウンロードした画像を見て思い出したのだ。なんでこんなところに椅子?と思ったのを覚えている。画像のような平坦な土地ではなく、起伏のある丘陵地にポツンと。野外用には見えない木枠に布張りの椅子が鉄道の方を向いて置いてあった。近くに小屋も人影もない。誰かが時々ここへきて来て座り、鉄道を眺めるための椅子だったのだろうか。今となってはあれがどこだったのかさえ定かではない。スペインの北の方というぐらいしか覚えていない。カメラも盗られたので、その当時の写真は一枚もなく、自分の脳裏に焼き付いた場面だけが思い出である。思い出す機会も減った今、どんどん記憶は薄れていく。

  ブログネタを探す行為から、古い記憶を思い起こすことになろうとは。無理矢理でも目標達成しようともがいた甲斐がある。
とはいえ来年も目標を設定するべきかは…正直まだ悩んでいる( ̄ー ̄)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

いま、思うこと