ダラリふわりからのドンピシャ!

「連休が多すぎる」と感じるようになったのは経営者になってからである。

従業員だった時は連休が多ければ多いほど大喜びし、経営者になったらなったで「連休が多い=営業日が少ない=損」と考えるようになった。家賃や人件費は同じなのに、営業日が少ないなんて…という発想だ。180°考え方が変わる、というのはこのことかもしれない。

休みが多ければ多いほど、従業員がカラダを休めることが出来、レジャーを楽しみ、リフレッシュできる!!と思うようにしよう…( ̄ー ̄)。

私自身はというと、普段からON/OFFの境なく生きている。会社に行く時間(出勤時間)は、以前よりグッと減ったが、電車に乗っていてもテレビを観ていても、歯を磨いていても、仕事のことを考えているときがある。2年連続して財務状況が悪化し、どうするべかな~といつも頭に引っかかっている感覚がある。仕事の時は仕事だけ。リラックスするときは思い切りリラックス。という切り換えが大事、と言われることが多いけれど、私はそれがどうも苦手である。

非日常を味わっている時に、仕事での課題解決を思いついたりもするし、新たなアイデアが湧くのはボケーッとしている時だったりするので、どうもON/OFFはダラリふわりと連なっていることを良しとしている。予想もしない、一見何の繋がりもないモノとコト(あるいはコトとコト)が繋がる瞬間が大好きである。

自分の生き様を軸に、何かと何かが繋がる瞬間。私の人生はいろんなことに興味がありすぎてか、キャリアとしてはツギハギだらけ。それでもその時その時の私自身が、自分で考えて行動してきた軌跡である。

9月に判断するには情報が足りないと感じる商談があった。20代のときに出会った人とのつながりで、商談相手と会う前日に、その上司に会う機会を得た。情報不足を感じているいることを誰かに伝えた結果ではなく、偶然が重なりあっての出来事だった。細穴加工の「ほ」の字も知らない20代に世話になった人からのご縁で、今の課題にドンピシャの方に繋げてもらうことになるとは!偶然が幾重にも重なり合っての出来事だった。

ダラリふわりからのドンピシャ!

狙って出来ることではないけれど、ダラリふわりと連なることの良さを改めて実感できた。

白黒ハッキリしないことが多い世の中で、何かを選んでいくのは難しくも楽しい。

そう思える力が、今後(老後?)必要になってくると思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です