13日の金曜日

やらかした(+_+)!と思った瞬間。
凍り付くというか、胃がクッと縮まるというか、火照りながらも寒気がするというか…


その日は20時からラジオ出演の依頼をうけていて、19時40分ごろにラジオ局に行く事になっていた。定時の18時まで仕事しても、十分に間に合う距離にラジオ局はある。前の晩、事前に渡された質問内容に対して、どう答えようかと思いを巡らせながら床に就いた。朝起きて、午前中に取引先の新しい担当者にプレゼンしに行く予定があったことを思い出し、どうやったら記憶に残るピーアールができるかなぁと頭の中でイメージしていた。

そこへラジオのディレクターから連絡入ったのが7時45分。
「もう近くまで来られてますか~?」
「ぇ ?」

そう、やらかしてしまったのである。
事態を把握したあの瞬間。夜の8時と思い込んでいた出演依頼は朝の8時だったのだ。7時40分ごろにラジオ局に到着しているはずの私のカラダは自宅にある。アタマは午前中のアポのことを呑気に考えていたのでる。
ラジオ出演という仕事に見事に穴をあけてしまった。どんなにマッハで動いてもラジオ局に着くころには生放送は終わってしまう。謝ることしか思いつかない私に、ディレクターさんは落ち着いた声で「では、リモート出演に切り替えましょう。音のチェックがしたいので一旦切りますが、06から始まる番号からかけ直すので出てください。私も念押しすれば良かったですね。」と語りかける。

動揺している暇も緊張している暇もなく、パパッと音声チェックを済ませた後、出演時間の1分前にスタジオと繋がり「今流れているCMが終わったら出番です。ハイどうぞ。」その後はパーソナリティさんのユーモアたっぷりの洗練された語りに身をゆだね、リモート出演はあっけなく終了。

もし私がディレクターの立場だったら。
ものすごく焦るし、思わず声を荒げて、「なんで夜だと思うんですかっ!番組名『おはようパーソナリティ道上洋三です』ですよ!どうしてくれるんですかっっ!!」と叫んでいたと思う。ディレクターさんの内心は測り知れないが、彼は瞬時に最善の道を選んで、私があけた穴を埋めてくれたのだ。
惚れそうになるぐらい仕事ができるお方だ♡

感謝と尊敬の念に襲われながら、私の自己肯定感は奈落の底に。「穴があったら入りたい」とはこのことか。しばらく布団にくるまって凹みたおした。
気を取り直して出勤し、ディレクターさんが送ってくれた事後視聴できるURLを貼り付けて、ラジオ出演をSNS発信。ラジオを聞いてくれた人々から「時間間違えるとは!」のツッコミが入る。やはりそこが一番印象に残ってしまうのか…( ̄ー ̄)。

「穴をあけるのが仕事です。」どっちの意味で言うてんねん…と内心ツッコミながら取引先で営業トークする私。

次の13日の金曜日は、どんなハプニングと学びに出くわすのか、今から楽しみである。(すっかり前向きな私に戻りました♡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

熱量は伝播する