大型連休


会社始まって以来の長期休業。世の中は10連休だけれど、エストロラボは最初と最後を営業日として8連休にした。

 

日本人は働き過ぎとよく言われるが、連続した休みを取らないだけで年間を通しては世界的にも休暇日は多いらしい。2017年の記事だが、年間の祝祭日の日数は世界1位、有休付与数は11位、有休消化率は50%。トータルすると休暇日の合計は世界6位という結果。

祝祭日数世界1位!日本人は休みすぎ!? -PRESIDENT 2017年5月15日号より)

 

 

「祝日 」としてみんなで一緒に休むのはいいが、個人的に取得する有休休暇は取りにくい(罪悪感がある)という国民性の表れだと思う。昭和47年生まれの私の感覚としては、土曜日が休みなり、子供のころにはなかった祝日が確実に増えている。「日本人は働き過ぎ」という言葉も言われて久しく、時を経てずいぶん改善されたということだと思う。

 

とはいっても、休日が多ければ多いほど “良い国” というわけでもない。適度な休暇の日数や頻度は、人や職種によって違うことを思うと、それぞれが自分に合った働き方(休暇の取り方)を「選べる」のが良いと思う。みんな一緒を好む国民性としては、浸透するのに時間がかかるかもしれないが、画一的だった価値観が多様化しているのは否めないし、いまその過渡期にあることを感じている人も多いと思う。“自分に合った” 働き方や生き方がはっきりしていれば良いけれど、なかなか深いこの問いに連休を使って考えあぐねるのも良いかもしれない。

 

 

個人的には普段からオンオフがはっきりしない生活なので、「風が吹いたら遅刻して~雨が降ったらお休みで」のハメハメハ大王的に天候で決まるのも乙だなぁと思う。

 

 

連休が明けたら、すっかり「令和」。

記憶に残る連休になること間違いなしである。

 

 

 

 


No Comments, Comment or Ping

Reply to “大型連休”