思うようにならない


四月のブログで人生思うようにならない「苦」について書いた。経営も同じく思うようにならない。

 

創業して10年が過ぎ、20代、30代だった社員も会社と同じく年を重ね、気が付けば平均年齢が40才半ばに。平均年齢を下げるべく「35才ぐらいまで」というコメント付きで社員募集をした。エストロラボのような吹けば飛ぶような小さい会社が募集をかけたところで応募が殺到するわけもなく、募集開始から数ヶ月が過ぎたころ1名の男性から、今55才ですが、、、と前置きつきで応募があった。

平均年齢を下げること(=若い人を雇用すること)が思惑だった私としては、悩ましいオファー。思うようにはならない一例である。それでもエストロラボで働きたいと応募してきてくれることが嬉しいし、聞けば細穴加工の経験者であることが分かった。他府県からのエントリーであり、定年を待たずに転職を考えることに至った理由も包み隠さず説明してくださった。メールで質疑応答を重ねた後に面接し、採用を決めた。平均年齢を下げるという目論見は、平均年齢を上げて幕を閉じた。

彼の採用決定と時を同じくして20代の女性からエントリーがあり、2人もいっぺんに雇用できないよぉ~(T-T)と泣きそうになりながら、3ヶ月待ってもらって彼女も雇用した。これで思惑どおり平均年齢は下がったか・・・。計算してみるとコンマ代で当初よりやや上がる結果に。

2人の新人を迎えて半年が過ぎた。思うようにはいかなかったものの、思いもしなかった展開になりつつある今。

男性社員の金属製造業における知識と経験は、彼の人柄と説明の上手さで社内に浸透し、右も左も分からない若手は既存の社員たちに可愛がられながらスポンジのようになにもかもを吸収していく。

 

 

会社の近くに新たにスペースを借りて、第2事務所、会議室、打ち合わせ場所、休憩所、instagaram撮影所として活用する思惑。

用途をてんこ盛りにしたせいもあって、思うように進まず、、、結果「他社から新人研修を頼まれる」という思いもよらない展開に発展。

 

 

この二つの事例からも見ても

『思うようにならない』ことを当たり前のこととして大きな気持ちで受け入れ

『思いもよらないこと』を楽しめるようになりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


No Comments, Comment or Ping

Reply to “思うようにならない”