四苦八苦


「四苦八苦」の意味を教えてもらった。

言葉としては知っているし、使ってはいるが本来の意味(由来)を知らなかったので「へぇ~」と思った。

 

 

四苦八苦とは、仏教用語で根本的な四つの苦と、もう四つの苦のこと。合わせて四苦八苦。

———-

根本的な四つの苦(生老病死)

①生きること自体が肉体的精神的苦痛を伴う。

②老いていくことに対する不安。体力、気力の衰えにより自由が利かなくなる恐れ。

③病気になること。痛みや苦しみを伴う。

④死ぬことへの恐怖。

プラス!

⑤愛別離苦(あいべつりく)愛する者との別離すること。

⑥怨憎会苦(おんぞうえく)恨み憎んでいる者に会うこと。

⑦求不得苦(ぐふとくく)求めるものが得られないこと。

⑧五蘊盛苦(ごうんじょうく)人間の肉体と精神が思い通りにならないこと。

———-

こうやって見ると、人生苦痛だらけ、思い通りにならないことだらけではないか(-_-;)。

四苦八苦をいちいち認識していたら生きづらくてたまらない。

逃れられない八つもの苦を背負いながら生き、生きる意味を考え続ける人間ってアホなのか、尊いのか。

 

だからこそ人は忘れる力を持っているのかもしれない。

一時的にでも八苦から逃れたのように忘れ、楽しんだり、喜んだりする力。

認知症の母と会話するたび、彼女の忘れる力に憧れすら覚えるのはそういうことだったのか、と合点がいった。

 

大好きな言葉であるマハトマ・ガンジーの名言。

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

「明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい」

 

明日死ぬと思いながら永遠に生きると思うなんて!

両立できない、筋の通らない考えた方だと思うときもあるけれど

 

 

ガンジーの言葉通り過ごせる時間があるとしたら、それは四苦八苦を忘れている時間だと思う。

そんな時間が確実に増えている。

永遠に生きると思ってちまちま勉強しているときが最近増えてとっても楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 


No Comments, Comment or Ping

Reply to “四苦八苦”