SNSの効果


エストロラボで使っているSNSはFacebookとinstagramである。

FBは2012年8月から、instagramは30代の従業員に教えてもらって

2015年の8月から始めた。

 

主要ソーシャルメディアのユーザー数まとめ』によると、

SNS名/世界のユーザー数/日本のユーザー数/メインとなる属性

Facebook/16億5000万人/2400万人/20~40代の男女

instagram /5億人/810万人/20代女性

Twitter/3億人/3500万人/10~20代の男女

LINE/2億2000万人/5800万人/10~20代の男女

となっている。

 

国内ユーザーをターゲットとしている弊社としては、ユーザー数から言えば

LINEとTwitterを使うべきではないのでは???

と思いながら、使い慣れたSNSで良しとしている。正直、あれこれ分析してより効率的に、、、と追求することを想像するだけで疲れてしまう。

言い訳もある。

細穴加工のユーザーとしては30~50代の男性が多いだろうと思うと、FBで拡散するのが一番効果的ともいえる。

 

数種類のSNSをターゲット層に合わせて有効に活用すれば、もっと効果が上がるのかもしれない。とはいえ、写真を撮ったり編集したり文章を考えたり、ということにいったいどれくらいの時間をかけているのだろうか?

 

5年ほど続けてきたので当初よりは効率的に記事を掲載できるようになってきたが、果たして効果のほどは?と聞かれると、、、う~んと唸らざるを得ない。

 

先日20代の女性が働きたいと電話をくれた。

弊社のことをどこで知ったかを尋ねると「instagram」との回答。

求人募集はHPと、ハローワークとFBで掲載したのに、なぜにinstagram???

 

摩訶不思議である。

 

すべては繋がっているということか。(そりゃそうだ。)

 

摩訶不思議でもなんでもエストロラボに辿りついて、働きたいと言ってくれる若者が居るということが嬉しい。

 

SNSの投稿めんどくさいなぁ~と思うこともしばしばだが

時々こういう反応や出会いがあると

コツコツ続けるしかないな、と思い直すことが出来る。

 

というわけで欲が出て、続ける自信はまるでないのにTwitterを始めて見た。

どうなることやら。

 

 

 


No Comments, Comment or Ping

Reply to “SNSの効果”