リケジョのお仕事


 3月19日に大阪府立大学での公開セミナーに参加してきました。
セミナーのタイトルは「リケジョのお仕事」。「リケジョ」というのは「理系女子」という意味で、理系科目を選択し、将来、理系の仕事に就こうと考えている女子学生を対象としたセミナー。私はそこで講師として20分ほど話す機会を与えられての参加でした。先輩に学ぼうといった趣旨で、私を含めた3人の講師が各々の経歴と現在の仕事内容について語るというものでした。私自身は理系というにはほど遠い経歴でここまでやってきたので、お手本になるかは怪しいものですが、今やっている金属加工がいかに面白いかを話しました。
 図面を介してモノが出来上がっていく工程が面白い。日本人はモノづくりが得意と言われているのは本当で、多くの人の知恵と工夫を経由して、モノがカタチになる。それが醍醐味だと説明しました。人に伝える必要にせまられて、自分の仕事の面白さを再発見することが出来た1日でした。参加者には中高生も居て、将来エストロラボで働きたい~!!と講演を聞いて、感じた子がいたら!と妄想中です。それまでに事業拡大しなくちゃ雇用は増やせないですが・・・。


No Comments, Comment or Ping

Reply to “リケジョのお仕事”